ゼニカルの服用の仕方

服用

ゼニカルの服用の仕方は、食後1時間以内に服用するだけと非常に簡単です。
ゼニカルは、ダイエット効果を高める為に1回の用量を増やしても、ダイエット効果に大きな差異が認められ無い医薬品なので、食後1時間以内に決められた用量の服用でダイエット効果が期待出来ます。
又、通常のダイエットの様な脂肪を燃焼させる毎日の運動やストレスの溜まる食事制限の必要が無く、継続して服用するだけでリバウンドも無く高いダイエット効果が期待出来るとして、世界各国で人気のダイエットピルです。
ゼニカルの主要成分のオルリスタットは、半減期が1時間から2時間と比較的短いので、食後1時間以上経ってからの服用はダイエット効果が低下するとされています。

ゼニカルは、消化器官で作用し体内に蓄積される事無く数日で便と共に排出され、肥満症の治療薬として日本国内で認可されている食欲抑制剤の様に食欲に関連する脳の中枢神経に作用する事が全く無いので、薬物依存性や肺高血圧症などの重度の副作用な危険性や頻度が低く非常に安全性が高いされています。

その為、長期の服用が可能とされています。
しかし、安全性の高いゼニカルですが、全く副作用が無い訳では無く軽い症状など幾つかの副作用があります。
ゼニカルは、摂取した脂肪を未消化のまま排出する為に、便が柔らかく油状になる事が多く便意のセルフコントロールが難しくなったり、排出される脂肪と共に脂溶性ビタミン類などの栄養素も排出されてしまう副作用があります。
その為、女性用のナプキンや成人用のオムツを着用したり、ゼニカル服用後2時間以上のインターバルをおいてからサプリメントで不足する栄養素を補うなどの対応が必要とされています。