ゼニカルは服用すれば食事制限や運動をしなくても痩せる事が出来ると言われている手早く痩せる薬ですが、その表現は必ずしも正しいという訳では無く、場合によっては太ってしまう可能性もゼロでは無いです。
それではどういう場合に太ってしまう可能性があるのかというと、摂取するカロリーがあまりにも多い場合は脂肪分の吸収が阻害されても三割程度なので、消費カロリーよりも摂取カロリーが多くなって太ってしまう可能性があります。
また、大幅に摂取するカロリーが消費カロリーよりも多いという訳では無くても太ってしまう可能性もあります。
脂肪は三大栄養素の一つであり、たんぱく質や炭水化物と比べると同じ質量でもカロリーが多く、その吸収を阻害する事は摂取カロリーを抑える上でも効果が大きいという事には間違いないのですが、太る原因というのは脂肪だけでは無いです。
例えば、普段の食事の中でたんぱく質や炭水化物ばかりを摂取していて脂肪をほとんど摂取していないのに太ってしまってダイエットをしようとする場合、ゼニカルを服用しても脂肪の吸収を阻害するだけであって他の栄養素は吸収されてしまいます。
つまり、この場合はゼニカルを服用してもほとんど効果が無いという事になります。

ただ、大抵の人はゼニカルを服用するだけでも体重の増加を抑えるのには役立つ可能性が高く、太ってしまう事を気にする必要はないです。
それはアメリカの治験データからも分かる事であり、治験の結果では一年間で多少なりともダイエット効果があった人は87%となっていて9割近くの人がダイエットに成功しているのです。
元々痩せている人であればなかなか痩せる事が出来ない可能性はありますが、そうした人はダイエットをする必要は無いです。
一方、もし太っていてゼニカルを服用しても痩せられないという場合は、自分の健康にも悪影響がある事からも食事制限も同時に行った方が良いです。